仕事大好き!結婚~1人目妊娠まで|ゆきねぇの過去第1話

2018年7月14日

ゆきねぇの過去第1話

20歳の時に受けた会社の健康診断の検尿にひっかかったことから
約20年間も慢性的な腎臓病とお付き合いすることになりました・・・

 

最初は尿にタンパクが出ている程度の「経過観察」でしたが、
年々尿タンパクの量が増えていき・・・
「要観察」⇒「要再検査」⇒「要精密検査」となっていきました。

 

23歳で腎生検のため初めて入院・・・
「IgA腎症」と診断。

 

このころは、はっきりと言って
「尿タンパク」「IgA腎症」と言われても、全くピンとこず・・・
軽く考えていました(;’∀’)

 

「俺と仕事、どっちが大事?」

その当時、病院の先生によく言われていたのが
「結婚して、妊娠した時に大変だから・・・」という言葉。

 

23歳の頃の私は、今の旦那さんと既にお付き合いはしていましたが、
とにかくお仕事が楽しく

 

1に「仕事」
2に「仕事」
3,4が無くて
5に「仕事」でした。

 

どんなお仕事をしていたかと言うと、神戸や大阪の百貨店で有名メーカーの服の販売をしていました!
特に23歳の時は、売上げ日本一の店舗の店長になった時だったので、
本当に毎日お仕事が楽しくてしょうがありませんでした(*^▽^*)

 

そんな状況でしたので、当時お付き合いしていた旦那さんに
「俺と仕事、どっちが大事やねん?」
と本気で聞かれたこともありました(笑)

 

ですので、当時の私には
「結婚」や「妊娠」という言葉なんていうのは全く頭にありませんでした・・・

 

定期的に病院へは通っていましたが、
特に何をするというわけでもなく日々過ごしていました。

 

何度も言われていたことが現実に!?

月日が流れ、29歳で結婚・妊娠

 

あの時、何度も言われていたことが現実に!?

 

妊娠後期、何もしていないのに血圧がどんどん上がり・・・
足は象のようにはれ上がり・・・
尿タンパクの量も増えていきました・・・

 

「妊娠中毒症」※現在は「妊娠高血圧症候群」
になってしまいました・・・

 

妊娠中毒症は本来、出産をすることで症状が治まるケースが多いのですが、
重症の方や、私のように元々腎臓に問題を抱えている人の場合は、
出産後も高血圧や尿タンパクが続くことがあります。

 

普通なら、出産後5日もすれば赤ちゃんと一緒に退院できるのですが、
私は出産から約1か月、ずっと病院のベッドの上にいました・・・

 

2人目禁止令!?

私の体調が良くならないので、赤ちゃんだけ先に退院していくことになりました・・・

 

赤ちゃんがいないのに、産婦人科にずっと入院していることがかなり苦痛でした・・・

 

そんな時に、助産師さんや看護師さんたちに

 

「残念だけど、2人目は諦めてね」
「1人目の出産で大変だったんだから、2人目の時はもっと大変だからね」
と、2人目禁止令を出されてしまいました( ノД`)

 

1人目出産~その後
第2話へつづく

 

ブログランキング参加中★ポチッとクリックよろしくお願いします★

日常

Posted by yuria