塩分をしっかりと摂って熱中症対策を!!

2018年8月3日

こんにちは。ゆきねぇです(*^▽^*)毎日本当に暑いですね・・・

 

今年はかなりの猛暑のため、熱中症になる方が多いようですね・・・

 

皆さん、熱中症対策していますか?

 

私の熱中症対策!

私の熱中症対策は・・・ズバリこれ!!

 

↑梅干しです!!

 

梅干しは昔から「医者いらず」と言われているほど、いろんな効能があるようです。

 

梅干しの効能

1・殺菌作用
→夏場のお弁当に梅干しを入れる方も多いと思いますが、梅干しには食中毒などを引き起こす
「黄色ブドウ球菌」の増殖を抑える効果があります。
最近では、O-157にも効果があることが分かったそうです。

2・口臭・虫歯予防
→口内の細菌にも作用し、気になる口臭や虫歯予防にも効果的だそうです。

3・疲労回復
→体力が落ち、免疫力が低下している時には細菌に感染しやすくなっています。そんな時は梅干しに含まれるクエン酸が効果を発揮してくれます。

4・生活習慣病の予防
→梅干しに含まれる成分がα-グルコシダーゼという小腸で吸収される酵素を抑えてくれる働きをします。
その働きにより糖尿病の予防に効果があるそうです。
また、動脈硬化や血圧の上昇も予防してくれるそうです。

5・脂肪燃焼
→紀州産の梅干しには製造過程でバリニンと言われる脂肪燃焼に効果がある成分が多く含まれているそうです。

 

日本人は塩分不足!?

梅干しにはたくさんの効能がありますが、何より効果的なのは【塩分補給】です!

 

夏バテや熱中症対策には、水分だけではダメです!!
汗と一緒に排出された塩分をしっかりと補給する必要があります。

 

最近では、小さい子供の熱中症が問題になっています。
確かに私たちが子供の頃よりは、気温が高くなっていますが、こんなに熱中症になる子供が多いとは・・・

 

私がお世話になっている足識食癒施術法の修さんは、こうおっしゃっています。

 

義務教育のうちは学校給食は塩分を控えます。だから、給食を子供たちは残すんです・・・
子供たちが熱中症で亡くなっているのは普段から【塩分不足の身体】にされているからです。

 

子供たちが熱中症になる原因の1つとして挙げられるのは、やはり「塩分不足」ではないでしょうか?

 

日本人には塩が必要

↑修さんがおススメしている本です

 

どうしても日本では「塩分の摂りすぎ」「塩分は控えめに」「減塩しましょう」という流れになっています。
そういう私もつい最近までは、かなり塩分摂取については敏感になっていました(;^ω^)

 

子供たちは、塩辛いものを好みます。
お味噌汁の味噌を入れすぎた時に限って

 

「今日の味噌汁、おいしい~♪」とおかわりをします(-_-;)

 

卵かけご飯に醤油を多くかけ、そこに鮭フレークや鰹節を入れて食べているのを見ると・・・

 

私:「そんなに醤油かけたら塩分摂りすぎやで!お母ちゃんみたいに病気になるで!!」
と口うるさく言っていました(;^ω^)

 

でも、足識食癒施術法と出会ってからの私は、塩分についての考えがガラッと変わり
毎日しっかりと塩分を補給するようになりました!

 

今までの私は病院で「塩分制限」を指導されていましたので、
毎年夏になると特に何もしていないのに体がダル重く・・・
子供たちを連れてプールに行ってもすぐに休憩ばかりしていたり・・・
次の日には動けないぐらい疲れていました・・・

 

今年の夏は、立て続けにプールに行きましたが、しっかりと塩分を補給していたおかげなのか、
自分でも驚くほど元気です(*^▽^*)

 

夜寝ている間にも汗をかき塩分不足になることがあるそうです。
小学6年生のお姉ちゃんも、朝起きてくると元気が無い時があります。
そんな時は、梅干しを1つ食べさせるようにしています。

 

すると、梅干しのおかげで元気になり、しっかりと朝ごはんを食べて学校に行くようになりました。

 

下のチビッ子は、まだ梅干しが食べられませんので、粗塩をそのまま舐めさせるようにしています!

 

熱中症対策と言って、ペットボトルの清涼飲料水を飲むこともあると思いますが・・・
清涼飲料水には水分や塩分の他にもかなりの糖分が入っています・・・

 

↑実はこんなに砂糖が入っているそうです・・・

 

糖分より、塩分をしっかりと補給し暑い夏を乗り越えたいですね!

 

塩分についてや足識食癒施術法について詳しく知りたい方はいつでも気軽にお問合せくださいね(*^▽^*)

→ゆきねぇへのお問合せはこちらから

 

 

ブログランキング参加中★ポチッとクリックよろしくお願いします★

日常

Posted by yuria