2人目出産~現在|ゆきねぇの過去第4話

2018年7月8日

まさかの2人目妊娠・・・

予想もしていなかった2人目妊娠・・・
しかも、すでに妊娠5ヶ月(@ ̄□ ̄@;)!!

 

半年以内に赤ちゃんが産まれる!ということでわが家はてんてこ舞いでした。

 

妊娠中の私の体調は・・・

 

もちろん!妊娠高血圧症候群になり・・・
高血圧・尿タンパク・頭痛・むくみ・かゆみ・手足のしびれなどオンパレードでした。

 

出産は自然分娩を推奨している先生だったため、予定日まで粘り
陣痛誘発剤を使っての出産となりましたが、前回のこともあり・・・
かなりの厳戒態勢での出産となりました。

 

分娩台に上がった時から血圧は200mmHgを超え・・・
何度も意識がもうろうとしていったのを覚えています。

 

その度に

 

「しっかりと目を開けて!目を閉じちゃダメ!!」

 

と、大きな声で起こされていました。

 

厳戒態勢の中、なんとか無事出産・・・

 

顔の小さな女の子でした(*^▽^*)

↑上のお姉ちゃんにそっくりです(*^▽^*)

 

出産後も前回と同じく、血圧は170mmHgぐらいまでしか下がらず・・・
尿タンパクも増えていきました。

 

苦しい半年間

出産後1か月目から、炎症を抑えるためプレドニンというステロイド剤を投与されました。

 

プレドニンはオレンジ色の小さな錠剤ですが、かなり苦みがあり飲みにくい薬です。

↑かなり飲みにくい薬です・・・

 

それを1日おきに1回6錠。

 

その他にも、
血圧を下げる:ロサルタンK錠
コレステロールを下げる:アルトバチスタン錠
尿タンパクを減らす:アルトバチスタン錠
骨粗しょう症予防:ディーアルファカプセル
胃酸の分泌を抑える:ランソプラゾールOD錠

↑実際のお薬手帳の写真

 

など、数多くの薬が処方されました。

 

治したい症状に効果のある薬だけでなく、この薬を飲むことで起きるであろう副作用を軽減するためにこの薬を飲む・・・

 

というような処方のため、どんどん薬が多くなっていきました・・・

 

一体、何のための薬なんだろうか?と、いつも思いながら飲んでいました。

 

プレドニンを処方されてから半年後、担当の先生が変わったこともあり、
あまり効果がみられないのでプレドニン治療は終わりました。

 

ホントに苦しい半年間でした・・・(+_+)

 

それからは、お薬の数も減り2ヶ月に1回のペースで定期的に通っていましたが
徐々に腎臓の機能が落ちていき・・・気が付けば末期の腎不全になっていました。

 

ブログランキング参加中★ポチッとクリックよろしくお願いします★

日常

Posted by yuria